尿失禁は泌尿器科で治療しよう【体操でセルフケアも出来ます】

尿が漏れる理由

相談

尿失禁は意図せずに尿が漏れでてしまうことです。多くは尿道を圧迫することで漏れ出ることを防いでいる外尿道括約筋や骨盤底筋群の機能低下によるものですが、その他の病気でも機能的な障害が出る場合があり尿失禁の原因になります。

More Detail

尿漏れの原因と種類と予防

病院

尿漏れの原因と種類

膀胱や尿道の機能の異常、加齢による認知能力の低下、身体運はは動機能の低下などが原因で、トイレでの排尿が出来ず尿を漏らしてしまうことを「尿失禁」と言います。尿失禁のタイプは6つの種類に分けられます。急に重い荷物を持ち上げた時や、くしゃや咳などでお腹周りに力が入った際に起こる尿漏れを「腹圧性」と言います。尿道やその周辺の機能に異常がある際に起こりやすい尿漏れです。突発的な強い尿意におそわれ、我慢出来ずに排尿してしまうタイプを「切迫性」と言います。このタイプは自分の意思に反した膀胱収縮を伴う場合が殆どです。そしてこれら腹圧性と切迫性が混合して起こる尿漏れを「混合型」と言います。排出障害が症状として現れる疾患を患っており、尿が溢れ出す状態を「溢流性」と言います。

尿漏れの種類と予防方法

排尿機能は正常にも関わらず起こる尿失禁が「機能性尿失禁」です。このタイプは身体運動機能の低下や、高齢による認知能力の低下などにより、尿意はあるもトイレに間に合わない、トイレの場所が分からないなどの理由で起こります。また認知症と呼ばれる、加齢による認知能力の低下が進行すると、トイレを見ても認識ができなかったり、尿意自体を感じなくなり尿失禁が起こるケースも多くあります。尿失禁は「腹圧性」と「切迫性」のタイプがほぼ大部分を占めています。腹圧性は高齢者だけでなく、若い女性にも多く見られるのが特徴です。これら腹圧性と切迫性の尿失禁の予防に効果があるとされているのが、1日5分で行える「骨盤底筋体操」です。骨盤底の筋力アップを図ることで、尿道を締める機能が高まり尿失禁の予防に繋がるのです。

トラブルが多い尿の病気

医者

成人女性の3人に1人が尿失禁の経験をもっています。このような悩みを抱えている人は、病院に行って診断を受けるようにしましょう。病院で検査すれば、症状は改善されます。

More Detail

女性に多くみられる症状

hand

尿失禁には骨盤底筋を鍛えることで改善することがあります。毎日のトレーニングで改善出来ますが、それでもよくならないという人は早めに病院に行って診てもらうことをおすすめします。

More Detail